愛知支部
他支部ページへ移動
設立:平成4年11月12日(平成28年11月13日 改選)
登録会員数:346名
支部長:朝日洋子
副支部長:朝日教仁 河口正博 石川隆行

インフォメーション
 ●愛知県支部 懇親会(忘年会) のお知らせ

掲載日: 2017/9/14

日 本 工 学 院 専 門 学 校 校 友 会
愛知県支部 懇親会(忘年会) のお知らせ
1.日時 平成29年11月25日(土)18時00分〜
2.会場  「 上海美食 」
  愛知県名古屋市中区錦1 ―20 ―10
  一光ビル地下1F
 
  TEL:052 ―201 ―5643
  https://r.gnavi.co.jp/dh2avzeb0000/
 ※ 平服でお越しください。
3.会費 2,200円(当日、会場にてお 受けしま す。)
(懇親会費は1名あたり4,400円ですが、
 差額分の2,200円分は校友会が負担いたします。)
.申込/締 切 申込みフォーム、Eメールまたはハガキ、FAX で11月 10日(金)までに校友会事務局へ

愛知県支部 懇親会(忘年会)

2017/11/10 23:59:59

愛知県支部

5.問い合わ せ 日本工学院専門学校 校友会事務局
〒144−8655 大田区西蒲田5-23-22
TEL  03-3732-8183
FAX  03-3732-1576
Eメール  koyukai@neec.ac.jp

【行事】
津軽三味線演奏会
津軽三味線
    加藤流三弦道藤秋会家元

加 藤 訓さん
津軽三味線千人大合奏を平成 26 年に日本 武道館で達成!
ギネス世界記録として認定されました。
夢は東京オリンピック開会式での津軽三味線 千人大演奏です!
今回は若手の演奏会です。

ニュース
 ●校友会「愛知県支部懇親会」報告

掲載日: 2016/12/27

  • 日 時:
  • 平成28年11月13日(日) 17:00〜21:00
  • 場 所:
  • 名古屋市「個室ダイニング水面月 名駅店」
  • 出席者:順不同敬称略
    石川、朝日(教)、朝日(洋)永田、星月、梅田、東、
    (事務局)大西

支部総会 17:10〜

開会挨拶 石川支部長
◇出席者への謝辞
◇朝日副支部長のご挨拶で乾杯

議 事 進行:石川支部長
1.事務局からの報告
◇入学者数と留学生について
◇70周年記念事業について
 ・70周年記念奨学金
 ・片柳記念ホールお披露目「感謝の調べ」の報告
◇専門職大学(仮)について
◇学校紹介
 写真などを使用して新施設の説明を中心に紹介
2.会則改正
◇今回はなし
3.役員改選
◇朝日(教)副支部長より提案
 「最近の学校は『芸術』という方向性も大切にしている。
そこで、その方面に強い方に支部長になっていただき、芸術面で働いている方に、より参加してもらうようにしてはどうか」とのことで、
朝日(洋)さん(日展4回入選)が推薦された。
朝日(洋)さんより、
「私自身も画家として活動しており、また舞台監督、漫画家、芸人などが親戚に多くいます。この環境を活かして、若い人たちを含め、より多くの方に参加してもらえるよう頑張ります。」との意気込みを語ってくださいました。
その後、満場一致で新支部長に朝日(洋)さんが決定しました。
 これに伴い、役員改選。
◇支 部 長: 朝日(洋)
 副支部長: 朝日(教)(再任),河口(再任),石川(新任),樋口(退任)
3.会則改正
◇今回はなし

朝日(洋)新支部長

朝日新支部長が描かれた絵画

懇親会  17:50〜21:00

 2年ぶりの再会に現況を確認したり、連絡がつかない方の消息を確認したりと、旧交を温めあいました。その後、今年2月に愛知県で行われた「東海・北陸地区支部長会議」の報告がなされました。
また、今回ご参加の東さんが、今年、東京訪問時に蒲田校1号館撤去の様子をご覧になったことから、校舎や寮生活の思い出話、理事長が執筆された本についての話題で盛り上がりました。
今回初参加の永田さんは、参加理由を次の様に話してくださいました。
4〜5年前に同級生の消息を尋ねる為、学校に行き、その際、現住所を再登録した。それ以降、支部会員の集い案内状などが届くようになり、今回初めて参加してみようと思ったとのことでした。
賑やかに過ごした懇親会もあっという間にお開きの時間となり、記念写真撮影後、解散となりました。
今回、星月さんが掲載無料の新聞投稿欄(「同窓会のお知らせ」)に告知を出して下さいました。

ミニ取材

【徳川園】
尾張・徳川家の第二代藩主・徳川光友が1695年(元禄8年)隠居所として造営した屋敷が起源。昭和6年に、第十九代当主から名古屋市に譲り渡され「徳川園」として一般公開。しかし第二次世界大戦の大空襲で消失し、戦後は都市公園として市民に利用されてきました。平成13年から日本庭園として再整備し、今年開園。造営当時の趣を感じることができる庭園です。
黒門:大空襲の被害を免れた遺産
龍門の瀧:徳川友光造営時、江戸屋敷(現在の新宿区)にあった
「鳴鳳渓」庭園の龍門の瀧を模して造られた
大曾根の瀧:大曾根とはこのあたりの古くからの地名
龍仙湖:海に見立てて造られた湖
瑞龍亭:光友の諡号「瑞龍」から名付けられた茶室
【清州城・清洲公園・清洲古城跡公園・清州宿本陣跡】
織田信長の居城。また、豊臣秀吉が天下を統べるきかっけとなった「清須会議」の舞台。現在、城跡の一部が「清洲公園」と「清洲古城跡公園」として整備され、1989年(平成元年)に、町制100周年を記念して、模擬天守が築かれました(東海道新幹線の車窓から見ることが可能)。
以上
文責 事務局 大西
▲ページの先頭へ

サイトのご利用について