福島支部
他支部ページへ移動
設立:昭和63年11月18日(平成28年9月17日改選)
登録会員数:1551名
支部長:荒俊之
副支部長:櫻田浩二 金成浩
幹事:福島方面:荒俊之
郡山方面:伊藤晃
いわき方面:金成浩
白河方面:三森繁
若松方面:荒俊之

会計:小林義弘
会計監査:石山範夫

インフォメーション
 ●第14回 福島県支部 会員の集い のお知らせ

掲載日: 2016/8/09

日 本 工 学 院 専 門 学 校 校 友 会
第14回 福島県支部 会員の集い のお知らせ
1.日時 平成28年9月17日(土)18時00分〜
2.会員の集 い会場 「 会津東山温泉 くつろぎ宿 千代滝 」無料駐車場有)
  福島県会津若松市東山町湯本寺屋敷43
  TEL . 0242 ―26 ―0001
  http://www.kutsurogijuku.jp

 
※ 平服でお越しください。
3.懇親会費 3,000円(当日、会場にてお受けしま す。)
(懇親会費は1名あたり6,000円ですが、
 差額分の3,000円分は校友会が負担いたします。)

4.申込/締 切 申込みフォーム、Eメールまたはハガ キで9月6日(火)までに校友会事務局へ

第14回 福島県支部 懇親会

2016/9/6 23:59:59

福島県支部

6.参加連絡 先 日本工学院専門学校 校友会事務局
〒144−8655 大田区西蒲田5-23-22
TEL  03-3732-8183
FAX  03-3732-1576
Eメール  koyukai@neec.ac.jp
備考
・今回は宿泊を伴う会員の集いを 開催致します。 
宿泊希望の方は、返信ハガキに宿泊希望の旨をご記入ください。
宿泊される方は別途宿泊費徴収 約9,000〜10,000円
・懇親会のみの参加も可。
.会場案内
● 車でお越しの場合
・東北自動車道【郡山 JCT】から磐越自動車道/会津若松方面へ
・磐越自動車道【会津若松IC】から国道49号線経由で東山温泉くつろぎ宿千代滝

●公共交通機関のご案内(まちなか周遊バス)
 まちなか周遊バス「ハイカラさん」
まちなか観光に便利な周遊バス!30 分間隔で運行中
運賃:大人 210 円
会津若松駅から会津武家屋敷前、東山温泉駅まで 30 分〜40 分
まちなか周遊バス「ハイカラさん」(ハイカラさんの逆コース )
まちなか観光に便利な周遊バス!30 分間隔で運行中
運賃:人 210 円
会津若松駅から会津武家屋敷前、東山温泉駅まで 30 分〜 40 分

「千代滝」は、バス停から坂を昇って7分程度の距離になります。ご希望のお客様には「会津武家屋敷前バス停」(悪天候時は待合場所 のある「東山温泉駅バス停」)まで車で送迎させて頂いております。 各バス停に到着時に、お電話ください。TEL0242-26-0001
ニュース
 ●校友会「福島県支部 第14回 支部総会」報告

掲載日: 2016/9/28

  • 日 時:
  • 平成28年9月17日(土)18:00〜20:00
  • 場 所:
  • 会津若松市「会津東山温泉 くつろぎ宿 千代滝」
  • 出席者:順不同敬称略
    荒、引地、金成、松本、三森、伊藤、佐藤、芳賀、鈴木、村上、渡辺、
    長澤(光)、長澤(昭)
    (事務局)大西 智之

支部総会 18:00〜18:45

議 事 進行:荒支部長
1.開会挨拶 荒支部長
◇出席者への謝辞
◇前回の支部総会は福島市で行った
 今回の支部総会は白川以来、宿泊での開催です
◇本日の流れについて説明
 役員改選について
2.事務局からの報告
◇新施設完成
  ・1号館クラブハウス棟、および2号館、片柳アリーナについての説明
  ・片柳アリーナ見学も兼ねたかまた祭の告知
◇70周年奨学金について
◇現在の就職率と、就職支援のお願い
◇住所変更のお願い
◇専門職大学についての説明
◇SNSについて
◇かまた祭について
3.役員改正について
◇副支部長:引地さんがご高齢の為、退任
 欠員については補填せず、金成さん櫻田さんの2名体制に

◇幹事 郡山方面 長澤(昭)さん退任、伊藤さんが後任として新任
 「次回の地区支部総会は郡山の予定なので、
  皆さんが来やすいところを探します!」とのことでした。
4.会則改正
◇役員改選に伴い、会則改正
 副支部長の人数を3名から2名に変更
5.次回開催地について 次回は郡山地区で行うことにした。
(福島⇒郡山⇒若松⇒いわき⇒白川 各地区をローテーションで開催)

懇親会  18:45〜21:00

次回の支部会員の集い開催地が決まったところで、鈴木さんのご挨拶で乾杯、懇親会が始まりました。
出席者の自己紹介と近況報告。蒲田校舎の今昔物語や、会津・福島の日本酒談義、皆さんが学校を卒業し就職したころの話し、定年されてからの再就職先での話題など、次々と興味深い話で盛り上がりました。
特に、参加者の目を引いたのが、渡辺(昭)さんがお持ち下さった70年代に発行された雑誌「初歩のラジオ(誠文堂新光社)」でした。
その雑誌の中綴じ広告に当校の広告がカラーで掲載されており、当時はそれを見て技術を身に付けることに強い憧れを感じたそうです。 
その後も更にお話が広がり、懇親会終了まで楽しい時間が続きました。
その後、今回をもって副支部長を退かれる引地さんのご挨拶で懇親会は締められました。
帰宅される方を見送った後、残った方は部屋で2次会を行い、深夜まで楽しい時間は続きました。

ミニ取材

【飯盛山、さざえ堂】
 戊辰戦争で白虎隊が自決したことであまりにも有名な山。会津若松市外地から東の方角に約2キロのところにあり、城下町を一望に見渡すことが出来る小山。  白虎隊十九士の墓、各地で戦死した三十一士の墓、さざえ堂、白虎隊引揚の洞門、市天然記念物の太夫桜など、数多くの史跡名所が残っています。
実際に、白虎隊自刃の場所から鶴ヶ城を望むと、本当に小さく(写真をご参照ください)、ドラマや絵画から受ける印象とは異なり、その当時は、本当に燃えているように見えたであろうと納得しました。
さざえ堂。国指定重要文化財。六角3層、高さ16m、中は二重らせん構造の通路によって構成され、階段が無く、一方通行にて昇降別々で建物の中を上下するという構造が特徴。同種の建物は他にも各地に現存していますが、こんな二重らせん構造になっているのは唯一の例だそうです。
【会津武家屋敷】
江戸時代の会津藩家老西郷頼母の屋敷を中心に、福島県重要文化財である旧中畑陣屋や数奇屋風茶室、藩米精米所などの歴史的建造物が軒を連ねる屋外博物館。 各室内には生活調度品などがおかれ、厳粛な当時の生活様子を伺うことができる。
以上
 文責 事務局 大西
▲ページの先頭へ

サイトのご利用について