群馬支部
他支部ページへ移動
設立:昭和63年7月4日(平成30年11月24日改選)
登録会員数:1543名
支部長:山口剛
副支部長:新嶋修 宗塚博子 上村浩治
幹事:須永進 久保田務 宮田重明 小沼俊伯

インフォメーション
 

掲載日:

インフォメーションはありません
ニュース
 ●校友会「第15回 群馬県支部会員の集い」報告

掲載日: 2018/12/11

  • 日 時:
  • 平成30年11月24日(土)18:10〜21:30
  • 場 所:
  • 高崎市「喜の蔵 東口店」
  • 出席者:順不同敬称略
    山口、上村、宮田、新嶋、須永、岩田、橋本、入澤、滝田、新居
    久保田、小林、高橋、木村、武井、小沼
    事務局 栗原

支部総会 18:10〜18:50

議事進行:山口支部長
1.開会挨拶  山口支部長
◇出席者への謝辞
「今回は3連休の中日というタイミングでお集まりいただきありがとうございました。日程調整をするとなかなか全員の都合を合わせるのが難しく困難でした。来て頂いた皆様、ありがとうございます。」
2.出席者の自己紹介・一言
参加者全員より頂きました。
3.学校からの報告
◇配布資料の確認・説明
◇今年度4月からの新体制について
 片柳学園長、千葉理事長、前野校長という体制でスタート
◇入学式の様子、入学者数、在校生数について
◇学園創立70周年記念事業について
◇今年のかまた祭(10月27・28日)の校友会事業について
 講演会は村上憲郎さん、校内見学会が好評だった
など
4.議事
T.役員改選
  幹事 浅見 一男(退任) → 小沼 俊伯(新任)
  他の役員は全員再任
U.会則改定
  今回はなし
V.今後の事業計画について
  来年は楽しい懇親会を企画します。

懇親会 18:50〜21:30

今回の総会にて、山口支部長のご指名で幹事に着任された小沼さんの「みんなで楽しく過ごしましょう!」というご発声にて乾杯し、懇親会がはじまりました。

・研究科では前半の3ヶ月で白黒テレビを学び、
 後半の3ヶ月で当時まだ最先端だったカラーテレビのことを学びました。
・群馬に転居してきて14年、今回久々に集いに参加しました。
・先日、建設機械整備技能士2級の試験を受け、無事合格しました!
・日本語学校の先生として、算数・数学を教えています。
・卒業後は日本ビクター系列の会社に勤めていましたが、
 今は幼保連携型認定こども園に勤め、園長になって6年となります。
・自分は電子工学部研究科卒、長男は情報処理科、
 次男はミュージックエンタテインメント科を卒業しました。
・学生時代、COBOLなどを学んでいた。今も使われているプログラミング言語。
・入学時、友人たちと3人で矢口渡あたりに部屋を借りて学校へ通った。
 だが、いつの間にか1人となってしまい、残りの1年4ヶ月くらいを
 前橋の実家から3時間かけて通って卒業しました。
・東名高速の開通を機に長距離バスが一気に増えた。
 そのバスに搭載するための無線機の機器設計などを担当していた。

など、皆さんの近況や学生時代のお話をたくさん聞かせていただきました。
まだまだ盛り上がっておりましたが、お開きの時間となり、岩田さんの三本締めにより終了いたしました。
以上
文責 事務局 栗原

ミニ取材

≪榛名湖/榛名山/榛名富士山神社≫
 関東地方北部の上毛三山のひとつである『榛名山』。古来山岳信仰を受けてきた山であり、火山活動によって生まれたカルデラ湖である『榛名湖』は標高1084m、榛名山の中央火口丘である榛名富士は標高1391mにあります。
 榛名湖畔にある榛名高原駅からロープウェイで榛名山頂駅まで一気に上ることができ、頂上に榛名神社の末社である『榛名富士山神社』があります。
 富士山に似ていることから「木花咲耶姫命(このはなさくやひめ)」をご祭神とし、榛名富士山神社と呼ぶようになったといわれています。
 取材当日は快晴で、青空に朱色と白い石造りの本殿がよく映えていました。
≪榛名神社≫
 榛名神社は第31代用明天皇(585〜587)の時代に創建されたといわれており、主祭神は火の神である「火産霊神(ほむすびのかみ)」、土の神である「埴山毘売神(はにやまひめのかみ)」で、古来より鎮火、開運、五穀豊穣、商売繁盛のご利益があるとされています。
 国登録有形文化財の宿坊が点在している門前の社家町から参道を進むと、三重ノ塔、萬年泉、瓶子の滝、つづら岩、武田信玄が箕輪城攻略のときに戦勝を祈願して矢を射立てたといわれる矢立杉などがあり、双龍門をくぐった先の境内にある本殿(本社・弊殿・拝殿)や神楽殿など、多くの建物も国の重要文化財に指定されています。
 また、この本殿は御姿岩に接して建てられた珍しい建物で、御姿岩内の洞窟を神聖な本殿として御神体が祀られています。
以上
 ●校友会「群馬県支部懇親会」報告

掲載日: 2016/12/20

  • 日 時:
  • 平成28年11月23日(水・祝)18:00〜20:45
  • 場 所:
  • 前橋市「牛や清」
  • 出席者:順不同敬称略
    山口、宗塚、上村、宮田、新嶋、須永、萩原(洋)、岩田、橋本、井上、
    富田、中野、小林、大内、小沼、高橋、成塚、大塚、萩原(大)
    講 師:相沢
    学 校:兒島(ITカレッジ)
    事務局:大門

支部総会 18:00〜18:15

1.開会挨拶  山口支部長
◇出席者への謝辞
2.役員改選  全員再任
3.支部活動報告
◇昨年の懇親会について
 ・20名参加 Facebookを見て参加してくれた方も多い
◇群馬県支部のFacebook活用について
 ・自分の仕事を絡めた宣伝などにも活用してほしい
4.学校からの報告
◇ITカレッジ 兒島先生より
 ・自己紹介
 ・学科紹介
 ・70周年記念事業 片柳アリーナほか新施設の紹介
 ・かまた祭の報告
◇事務局より
 ・住所変更のお願い
 ・校友会事務局Facebookのお知らせ

講演会  18:20〜18:45

元祖お天気お姉さんの相沢早苗さん(放送制作芸術科卒業)を講師に迎え、
「身体が笑えば心も笑う」というテーマで講演を行いました。
相沢さんの自己紹介やアナウンサー時代のお話を聞いた後、「2つのことを
同時におこなう」、「左右違う動きをする」といった普段とは違う動きをして脳を
活性化させる【シナプソロジー】を全員で体験しました。

【足踏みシナプソロジー】必ず言葉を口ずさみながら行いましょう
@ 3歩ずつで一度止め、また次の足から始める。その時、50音を1文字ずつ
進める(あいう、えおか、きくけ……)
A 3歩ずつで一度止め、また次の足から始める。その時、数字と50音を組み合わせながら進める(1・2・あ、3・4・い、5・6・う……)

  その後、参加者全員の卒業年をもとに、過去に起こった出来事を思い出す「回想
法」の話をしました。南極で犬のタロジロ兄弟が発見された年から東京スカイ
ツリー開業の年まで、実に幅広い年代の方が集まっている事が分かりました。

懇親会 19:10〜20:45

副支部長の新嶋さんの乾杯で始まった懇親会は、上州黒毛和牛の美味しいすき焼
き鍋を囲んでの会となりました。学校のことや自分が住んでいた場所の話、現在
の蒲田の様子など、各テーブルで会話に華が咲きました。
また、群馬県支部ではFacebookを活用していることから、Facebookを介して
集まった参加者が多く、年代を越え賑やかな交流が見られました。
締めの挨拶は最年少の萩原(大)さんが指名され、諸先輩方に指導されながらも
しっかり笑いを取り、全員で一本締めをしてお開きとなりました。
以上
文責 事務局 大門

ミニ取材

【上州もち豚】
榛名山麓の自然豊かな場所で生産されている上州もち豚は、良質な飼料とともに、年間を通し水温が一定でミネラル分を多く含む地下水を利用して飼育されています。肉質がきめ細かいので歯で簡単に噛み切ることができ、口の中で甘みのある脂身の味が広がりました。 今回はJR高崎駅ビルにあるとんかつ専門店「とん豚」さんでいただきました。
▲ページの先頭へ

サイトのご利用について