鹿児島支部
他支部ページへ移動
設立:昭和63年3月5日 (H.27 11/14 改選)
登録会員数:605名
支部長:久山順一
副支部長:北原健二 上園久幸 宮田三朗
幹事:尾之上光政 榎屋多美男

インフォメーション
 ●第15回 鹿児島県支部 会員の集い のお知らせ

掲載日: 2017/9/22

日 本 工 学 院 専 門 学 校 校 友 会
第15回 鹿児島県支部  会員の集い のお知らせ
1.日時 平成29年11月18日(土)17時00〜
2.会場 ジェイドガーデンパレス
  鹿児島県鹿児島市上荒田町19 ―1
  TEL . 099 ―257 ―1211
  http://www.jadegarden.jp
 ※平服でお越しください。
3.会費 3,000円(当日、会場にてお受けしま す。)
(懇親会費は1名あたり6,000円ですが、
 差額分の3,000円分は校友会が負担いたします。)
4.申込/締切 申込みフォーム、ハガキまたはEメー ル、FAXで11月9日(木)までに
校友会事務局へ

第15回 鹿児島県支部 会員の集い

2017/11/9 23:59:59

鹿児島県支部

5.問い合わせ 日本工学院専門学校 校友会事務局
〒144−8655 大田区西蒲田5-23-22
TEL  03-3732-8183
FAX  03-3732-1576
Eメール  koyukai@neec.ac.jp
ニュース
 ●校友会「第15回鹿児島県支部の集い」報告

掲載日: 2018/1/31

  • 日 時:
  • 平成29年11月18日(土) 17:00〜20:30
  • 場 所:
  • 鹿児島市「ジェイドガーデンパレス」
  • 出席者:順不同敬称略
    久山/北原/上園/尾之上/榎屋/森本/井口/吉村
    校友会事務局 大門

支部の集い 17:00〜18:30

開会挨拶 久山支部長

◇出席者への謝辞
◇久しぶりに鹿児島県支部に戻ってきた森本さん(鹿児島地方気象台勤務)に、
 気象関係のお話しをしていただきました。
 ・以前は福岡で気象データのセールスを行っていた。
  テレビの天気予報などに出てくる週間天気よりもっと先の天気予報を用いて、
  季節商品の販売予測などに使うため。
 ・現在は異常気象が続いているが、雨量は1970年過ぎから増えてきている。
 ・水蒸気量が増えているので、台風が発生すると空気中の水蒸気を巻き込み
  強力になってしまう。昨年9月の台風16号が直撃した時は瞬間風速93Kmを
  記録し、風力発電の風車が折れてしまった。

支部総会

1.創立70周年記念祝賀会に出席して
◇創美学園→日本テレビ技術学校→日本テレビ技術専門学校…と名前を変えて
今日まで続いてきた。
◇鹿児島県の支部活動は昭和60年から。最初の総会では15名ほど集まった。
2.学校からの報告
◇創立70周年記念事業(片柳アリーナの完成、奨学金制度)の紹介
◇校友会50周年記念事業(時計塔寄贈、かまた祭講演会)について
◇現在の学科について
◇住所変更のお願い
3. 会則改定 今回はなし
4. 役員改正 今回はなし
5. 自己紹介
久山、大門、榎屋、上園、森本、吉村、尾之上、北原、井口の順で自己紹介と近況を一言。人数が一番多い時の情報処理科に通っていた話や1クラス500名もいた話から、東京駅の列車清掃やいすゞ自動車でアルバイトをしていた話などが飛び出しました。

懇親会 18:35〜20:30

 副支部長の北原さんの乾杯から懇親会がスタートしました。奄美大島から参加
された井口さんから、同じ奄美大島出身の音楽ユニット「カサリンチュ」を招待
したいとのご提案がありました。「カサリンチュ」のメンバー・タツヒロさんは
本校音響芸術科の卒業生です。校友会会員としてご参加いただければ支部の活性化
にも繋がると思いますので、ぜひ実現してほしいと思います。
  学生時代の思い出として、授業を教わっていた先生のお話しや寮の話、そして
卒業後にすぐ活かすことができた「実学」を学ぶことが出来た、と懐かしみ、今の
学生達にもぜひ「実学」を学んでほしいとお話しされていました。
また、鹿児島を拠点としている老舗百貨店「山形屋」に勤めていた方がおり、
創業者は近江商人の血を受け継いだ山形県庄内地方の人だということ、また店舗
縮小の際に従業員を誰も解雇しなかったことなど、山形屋の歴史を教えてください
ました。
話は尽きませんでしたが残念ながら時間となり、最後に全員で集合写真を撮って
お開きとなりました。

ミニ取材

【西郷隆盛銅像】
明治維新で多くの功績を残した西郷隆盛は、鹿児島に帰郷後西南戦争で新政府軍と戦い敗北し、この城山で自刃しました。没後50年祭記念として建てられたこの銅像は、我が国初の陸軍大将の制服で、城山をバックに仁王立ちしています。見に行った時に、ちょうど鹿児島市明治維新PRキャラクター「西郷どん(せごどん)」がおり、二人の西郷どんを撮ることができました。
【鶴丸城跡】
1601年(慶長6年)に島津忠恒により築城された江戸時代の城。本来の名は「鹿児島城」ですが、屋形の形状が鶴が羽を広げたようであったことから、一般的に古くから「鶴丸城」の愛称で呼ばれています。西南戦争の舞台でもあり、現存している石垣には生々しい銃弾の跡がたくさん残っています。居館の正面中央にあった鶴丸城のシンボル「御楼門(ごろうもん)」は1873年(明治6年)に火災により消失してしまいましたが、鹿児島の歴史や文化、建築技術の継承のほか、新たな観光拠点として、2015年(平成27年)から再建設が取り組まれています。
【野田郷島津太鼓と薩摩日置鉄炮隊】
2年前の鹿児島県支部の集いで訪れた仙巌園で、ちょうど秋の催し物が行われていました。島津家とゆかりが深い出水市野田で結成された野田郷島津太鼓の皆さんが、およそ1万5千本の菊に彩られた島津家別邸仙巌園に勇壮な演奏を響かせました。
また島津兵といえば戦国最強という言葉をよく耳にしますが、その真骨頂は兵ではなく鉄砲です。そんな島津と深い関わりがある日置市の鉄炮隊が、島津家歴代当主を祀っている鶴嶺(つるがね)神社で演武を披露しました。
以上
文責 大門
▲ページの先頭へ

サイトのご利用について