宮城支部
他支部ページへ移動
設立:昭和63年5月20日 (H.27 11/21 改選)
登録会員数:546名
支部長:清水幸男
副支部長:橘内英二 東光彦 米本正広
前田真一 村上征一 千葉繁喜
幹事:工藤浩 鈴木良徳 菊本節子

インフォメーション
 ●第15回 宮城県支部  会員の集い のお知らせ

掲載日: 2017/9/22

日 本 工 学 院 専 門 学 校 校 友 会
第15回 宮城県支部  会員の集い のお知らせ
1.日時 平成29年11月18日(土)18時30〜
2.会場 ホテル仙台ガーデンパレス 5階 青葉
  〒983―0852
  宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目1―5
  TEL . 022 ―299 ―7177   
 http://www.hotelgp-sendai.com/banquets-meetings/aoba.html
 ※平服でお越しください。
3.会費 2,500円(当日、会場にてお受けしま す。)
(懇親会費は1名あたり5,000円ですが、
 差額分の2,500円分は校友会が負担いたします。)
4.申込/締切 申込みフォーム、ハガキまたはEメー ル、FAXで11月8日(水)までに
校友会事務局へ

第15回 宮城県支部 会員の集い

2017/11/8 23:59:59

宮城県支部

5.問い合わせ 日本工学院専門学校 校友会事務局
〒144−8655 大田区西蒲田5-23-22
TEL  03-3732-8183
FAX  03-3732-1576
Eメール  koyukai@neec.ac.jp
ニュース
 ●校友会「宮城県支部 第15回 会員の集い」報告

掲載日: 2018/2/01

  • 日 時:
  • 平成29年11月18日(土) 18:30〜
  • 場 所:
  • 仙台市「ホテル仙台ガーデンパレス 青葉」
  • 出席者:順不同敬称略
    清水/橘内/村上/千葉/米本/前田/工藤/田山/千葉/早坂/伊藤 芦名/安倍

    事務局:大西

支部総会 18:32〜19:00

議 事  進行:清水支部長
1.開会挨拶  清水支部長
◇出席者への謝辞、自己紹介
2.学校からの報告(事務局・大西)
◇創立70周年記念事業「蒲田キャンパス再整備計画」
 片柳アリーナの完成と活用について
◇創立70周年記念式典について 10月13日(金)
 創立70周年・校友会50周年を記念して、校友会から学校へセントラル
 プラザ(中庭)に時計塔を贈呈した
◇創立70周年記念奨学金制度について
◇現在の学科の様子についての説明
◇Facebookについて
3.役員改選について
全員再選
◇支部長  再任:清水
◇副支部長 再任:橘内、東、米本、前田、村上、千葉
◇幹 事  再任:工藤、鈴木、菊本
4.会則改正
◇会則改正なし

懇親会 19:15〜21:00 

副支部長・橘内さんのご発声で乾杯!
冒頭に支部長から、「会員の集いも15回を迎え、これまでも『どうしたら若い人、
世代が増えるだろうか』という課題について考えていたが、是非皆さんからもアイデアを募りたい。また、同窓生をご存知でしたらぜひお声掛けしてほしい」といった話が
ありました。
その後は、学生時代の思い出話を交えた自己紹介をしながら、他の皆さんからの声が
かかるという形で盛り上がってゆきました。初参加の田山さんは、幹事の工藤さんと同じ町内会のお知り合いで今回お誘いがあり、「校友会費を払った覚えがない」と学校に
連絡をしたら「入学時に既に払った」と教えて貰って驚いた、とのことでした。
また、同じく初参加の安部さんは、ずっと参加をしたいと思っていたが仕事が忙しく、やっと参加出来た!とのこと。更に同じ会社には工学院出身が数名いらっしゃるそうで、
次回が楽しみです。
会場の終了時間が過ぎても盛り上がりは収まらず、本当に楽しい時間となりました。
最後に支部長より「次回はもっと遅くなっても良いところを探します」との言葉と共に、来年は勤労感謝の日を候補に懇親会を開催しようとの提案で、会は終了いたしました。
以上
文責 事務局 大西

ミニ取材

【国宝 大崎八幡宮】
 慶長12年(1607年)、伊達政宗によって創建された神社。 社殿の造営は、当時豊臣家に仕えていた当代随一の巨匠の手によるもので桃山建築の傑作と言われており、安土桃山時代の我が国唯一の遺構として昭和27年に国宝建造物に指定されました。入母屋造りの本殿と拝殿、その間を石の間で一体化させた権現造りの典型となっており、正面には千鳥破風、向拝には軒唐破風を付け、屋根はこけら葺き、外観には鮮やかな極彩色の組み物や彫刻などが施され、伊達家の威信を絢爛たる雰囲気で今に伝えています。
 また、長床は国の重要文化財に、石鳥居は県の有形文化財に、毎年1月14日に行われる「松焚祭(どんと祭:〔はだかまいり〕で有名)」は仙台市の無形文化財に指定されており、多くの人に親しまれている神社です。
国道に面した一の鳥居
二の鳥居(宮城県指定有形文化財)をくぐり大石段を登ってゆく
三の鳥居の向こうには参道が続く
本殿の前に建てられた長床(重要文化財)
本殿(国宝) 細部にまで拘って造られた権現造り
▲ページの先頭へ

サイトのご利用について