島根支部
他支部ページへ移動
設立:平成4年8月8日
登録会員数:166名
支部長:藤原義広
副支部長:小柳榛二 佐伯満也 進藤正英
会計:林聖
会計監査:黒目龍弥

インフォメーション
 ●島根県支部・鳥取県支部合同 会員の集い のお知らせ

掲載日: 2018/10/04

日 本 工 学 院 専 門 学 校 校 友 会
第14回 島根県支部・鳥取県支部合同 会員の集い のお知らせ
1.日時  平成30年11月24日(土)
 支部総会15時00分〜/懇親会18時00分〜
2.集合場所/支部総会会場 「 ANAクラウンプラザホテル米子
 
3階 朱鷺(とき)
  鳥取県米子市久米町53 ―2
    TEL.0859 ―36 ―1111
  http://www.anahotel-yonago.com/
  ※平服でお越しください。
3.会場表示   日本工学院専門学校 校友会
  支部会員の集い
懇親会会場
 「 ワインレストラン クスクス
  鳥取県米子市末広町144
  TEL.0859 ―37 ―5780
http://tabelog.com/tottori/A3103/A310301/31001310/dtlrvwlst/
4.会費 3,000円(当日、会場にてお受けしま す。)
(懇親会費は1名あたり6,000円ですが、
 差額分の3,000円分は校友会が負担いたします。)
5.申込/締切 申込みフォーム、ハガキまたはEメー ル、FAXで11月16日(金)までに校友会事務局へ

第14回 島根県支部・鳥取県支部合同 会員の集い

2018/11/16 23:59:59

島根県支部

6.問い合わせ 日本工学院専門学校 校友会事務局
〒144−8655 大田区西蒲田5-23-22
TEL  03-3732-8183
FAX  03-3732-1576
Eメール koyukai@stf.neec.ac.jp
ニュース
 ●校友会「島根県支部懇親会」報告

掲載日: 2016/12/08

  • 日 時:
  • 平成28年11月5日(土)15:00〜20:00
  • 場 所:
  • 米子市「米子 全日空ホテル」
  • 出席者:順不同敬称略
    島根県支部:藤原、小柳、進藤、佐伯、林
    鳥取県支部:吉村、本池、古志、柳楽、松原
    (事務局)大門

支部総会 15:00〜15:45

1.開会挨拶  鳥取県 吉村支部長
◇出席者への謝辞
2.自己紹介
3.事務局からの報告
◇新施設完成
 ・1号館クラブハウス棟、および2号館、片柳アリーナについての説明
◇70周年奨学金について
◇現在の学科と就職支援のお願い
◇住所変更のお願い

4.議事  進行:藤原支部長
◇役員改選・会則改定
 ・今回はなし

講演会  講師:吉村支部長

◇米子山陰放送太陽光発電所トピックス(前回の集いで行われた講演会の続報)
◇最近の放送事情
 ・アナログテレビ終了その後?
 ・テレビってザワザワキャンペーン
 ・AMラジオがFMでも聞ける!ワイドFM

 吉村支部長による講演会は、まず前回の講演会の続きから始まりました。
 前回おこなった講演「ソーラー発電研修会」で見せていただいたメガソーラー
パネルのトラブルについてのお話を聞きました。
その後はテレビの話に移り、最近よく聞くようになった「4Kテレビ」について、
従来の「2Kテレビ」との違いや「4Kテレビ」への詳しい移行スケジュール
などを分かりやすく説明してくださいました。また、最近テレビ離れしている
人たちのために山陰の民放3局が合同で行っている「テレビってザワザワキャン
ペーン」が紹介されました。
ワイドFMのお話では、東日本大震災時のラジオの有用性から、平地や水辺に
送信所が多いAMラジオを、雑音に比較的強く山の上の送信所が多いFMラジオ
で補完して聴けるようにする手段について詳しくご説明いただきました。
ワイドFMは現在すでに放送開始しているところもあるそうです。

懇親会  17:30〜19:45

鳥取県支部、島根県支部合同の懇親会は、鳥取県支部の吉村支部長の乾杯から
始まりました。2年前に島根県支部の佐伯さんがこの会で提案した「島根の神話
のマンガを在校生と作りたい」という企画の進捗について、佐伯さんと在校生
だけでなく、別の卒業生の方も企画に協力してくれていることをご報告いただきました。他にも近況や学校の新施設についての話など、支部を越えた賑やかな
会になりました。最後は全員で集合写真を撮り、島根県支部の進藤副支部長の
ご挨拶で閉会となりました。
以上
文責 事務局 大門

ミニ取材

【米子城址】
支部総会会場の裏手にある米子城址は、山陰で最初に築かれた城郭です。現在は城そのものの建物は残っていませんが、残っている石垣や礎石などは形態が良く残っており、その構造を知ることができる城址として重要なものとなっています。晴れている日は天守台からほぼ360度見渡せ、米子の町並みや遠くに大山や出雲の山々を望むことが出来ます。
▲ページの先頭へ

サイトのご利用について