栃木支部
他支部ページへ移動
設立:昭和63年8月27日(平成28年9月24日改選)
登録会員数:1402名
支部長:三浦専治
副支部長:山下洋子 吉田典子 赤塚明夫 渡辺国男
幹事:芳賀功、五十嵐一夫、 関口文雄、竹澤友康
支部連絡先 Eメール:tochigi@kouyukai.net

インフォメーション
 ●第14回 栃木県支部 会員の集いのお知らせ

掲載日: 2016/8/09

日 本 工 学 院 専 門 学 校 校 友 会
第14回 栃木県支部 会員の集いのお知らせ
1.日時 平成28年9月24日(土)
集合:13時30分  懇親会:15時00分〜
2.会場 「 ホテル マリアージュ仙水(無料駐車場有)
 栃木県佐野市奈良渕町316
 TEL . 0283 ―21 ―4888
  http://www.marriage-sensui.com/

 ※平服でお越しください。
3.会費 3,500円(当日、会場にてお受けしま す。)
(懇親会費は1名あたり7,000円ですが、
 差額分の3,500円分は校友会が負担いたします。)
4.申込/締切 申込みフォーム、ハガキまたはEメールで9月9日(金)までに
校友会事務局へ

栃木県支部 親睦会

2016/9/9 23:59:59

栃木県支部

5.問い合わせ 日本工学院専門学校 校友会事務局
〒144−8655 大田区西蒲田5-23-22
TEL  03-3732-8183
FAX  03-3732-1576
Eメール  koyukai@neec.ac.jp
6.行事 田中正造 旧宅見学
見学料:300円(各自負担)

※上記会費とは別途かかります。

足尾鉱毒事件で苦しむ民衆の為に立ち上がり、生涯を通じて闘った政治家、田中正造の生家です。建物・展示品を通して正造の政治 活動を学ぶ事ができます。
7.会場案内 ●車でお越しの場合
・東北自動車道 佐野I.C.より約20分
・北関東自動車道 佐野田沼I.C.より約7分
・東北自動車道 佐野S.A.スマートインターチェンジより約10分
●電車でお越しのお客様
・JR両毛線 佐野駅よりタクシーで約10分
・東武佐野線 堀米駅よりタクシーで約5分
ニュース
 ●校友会「栃木県支部懇親会」報告

掲載日: 2016/10/12

  • 日 時:
  • 平成28年9月24日(土)13:30〜18:30
  • 場 所:
  • 佐野市「ホテル マリアージュ仙水」
  • 出席者:順不同敬称略
    三浦、吉田、山下、赤塚、渡辺、大竹(太文字は初参加)
    (事務局)大西 智之

◇支部総会前に見学会開催

見学会: 「田中正造旧宅」
13:30
14:00〜15:00
見学(往復、自家用車等利用)
会場ホテルロビーに集合(6名参加)
田中正造旧宅 見学

◇支部総会 15:15 〜 16:15

開会挨拶 三浦副支部長
◇出席者への謝辞
 前回までは、ほぼ宇都宮市での開催でしたが、今回は趣向を変えて佐野市で行うことにしました。
 今後も県内各地で行うようにしたい。
 ちなみに本年3月開催の地区支部長会も、ここ佐野市マリアージュ仙水で行いました。
事務局挨拶 大西

議 事 進行:三浦副支部長
1. 事務局からの報告(大西)
◇新施設完成
  ・1号館クラブハウス棟、および2号館、片柳アリーナについての説明
  ・片柳アリーナ見学も兼ねたかまた祭の告知
◇70周年奨学金について
◇現在の就職率と、就職支援のお願い
◇住所変更のお願い
◇専門職大学についての説明
◇SNSについて
◇かまた祭について
2. 支部活動報告
◇栃木県支部会員1,355人に案内状を送信したが参加・不参加の返信率が少ない。
 そこで、栃木県在住の卒業生名簿を事務局からいただき、今回から会員に直接参加案内を
 呼びかけた。今回は残念ながら声掛けをした方は都合がつかずご参加いただけなかったが、
 これからも参加案内の声掛けを行ってゆこうと思う。
◇通常総会について 
 片柳理事長は矍鑠とされていた 
  ・片柳理事長の言葉として「創美学園(洋裁の学校)からスタートし、
   『これからはテレビなどの技術の時代だ』と日本テレビ技術学校を
   スタートされた事をお話なさっていらっしゃいました。
 千葉副理事長
  ・総会時はちょうどオーストラリアの大学視察から帰国されたばかりで、
   海外大学の教育現場の話や、2018年問題のことを話されていました。
   ⇒総会の議案書、記念写真などを回覧
3.役員改選
◇支部長  :川岸さんの意向により退任
 三浦さんが新支部長に就任
◇副支部長 :渡辺国男さんが副支部長に新任
 吉田さん、山下、赤塚さんは再任
◇幹 事 :芳賀さん、五十嵐さん、関口さん、竹澤さんは再任
4.会則について
◇会則変更無し
5.その他
◇次回(2年後)の開催地は未定だが、皆さんには是非、集まっていただきたい
以上
 文責 事務局 大西

懇親会  16:15〜18:15

 三浦新支部長の乾杯の挨拶で懇親会がスタートしました。
 まずは全員の自己紹介から。
「高校時代にあこがれていた職業に就こうと日本工学院に入学した」、
「『就職先から公害についての勉強をするように』と入学した。会社に戻ってからは、日本だけでなく各国の工場立ち上げに関わってきた」、「短大卒業後、これからはコンピュータの時代、工学院に入学し、当時は珍しい女性プログラマになった」など、ご自身と学校、お仕事に関連したお話を各自していただきました。
 学校での出来事に、「懐かしい」といった声や「この時はどうだったの?」など、質問が飛び交い、自己紹介で大いに盛り上がりました。
 その後、様々な話題が出ましたが、特に今回初参加の大竹さんの「栃木県ご出身の片柳理事長を尊敬している」という一言に、皆、学生時代の片柳理事長の話題に花が咲きました。
 今回初参加の渡辺さんは、「前回(平成26年8月2日実施)申し込んだが、急遽仕事で参加できなかった。今回は参加できて良かった。副支部長としてしっかり関わってゆく」と仰っていました。

ミニ取材

【田中正造旧宅 見学】13:45〜15:15
支部総会開始前に、総会参加の皆さんと佐野市出身(出生当時は下野国安蘇郡小中村)の政治家、田中正造の生家に見学に行きました。

 明治時代に起こった足尾鉱毒問題で苦しむ民衆の為に立ち上がり、解決のために尽力し、波瀾に富んだ生涯を送った元衆議院議員、田中正造(1841〜1913年)の生家。政治活動などを通して多くの人に慕われ、そうした人たちが出入りしたという母屋や隠居所、土蔵、その他にも資料や有名な直訴状(レプリカ)など貴重なものを見学しました。
 女性ボランティアの丁寧な説明に、参加者全員熱心に耳を傾けていました。
▲ページの先頭へ

サイトのご利用について